読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

82年おとこ、77年おんな。

日々の生活、時々、旅行。

ふらっとトルコ一人旅vol.2 Sep.29,2014

トルコ2日目の朝は早い、朝5時にホテルを出てアタテュルク国際空港へ。

f:id:gmkb:20161020190538j:plain

トルコと言えばカッパドキア、と言うことで日帰りで行ってみることに。

f:id:gmkb:20161020190721j:plain

なんだか旅している的な、一枚ではないでしょうか。

f:id:gmkb:20161020191102j:plain

イスタンブールから一時間半程で到着、国内線でも美味しい機内食が出されるターキッシュエアラインは良いと思います。

f:id:gmkb:20161020191305j:plain

空港を出たら何も無い、そして9月下旬のトルコ内陸は寒いです。

f:id:gmkb:20161020191452j:plain

現地集合のツアーに参加したので、まずはドライバーと合流。そして、バンは何も無い荒野をひた走ります。途中、乗り合わせた乗客を次々にホテルに降ろして、車内はボク一人に。

f:id:gmkb:20161020191806j:plain

一抹の不安が過りながらもバンは目的地に到着。そこで現地ガイドの方に会えて一安心。

f:id:gmkb:20161020191951j:plain

シーズンオフと言うこともあり、ボク一人のカッパドキアツアーがスタートしました。

f:id:gmkb:20161020192122j:plain

ラクダ岩とか、ナポレオンの帽子とか、有名な岩が点在。

f:id:gmkb:20161020192235j:plain

あと、キノコ岩もありました。

f:id:gmkb:20161020192301j:plain

この辺り100k㎡がカッパドキアと呼ばれているそうです。

f:id:gmkb:20161020192533j:plain

再び移動して、岩の中に掘られた住居跡へ。

f:id:gmkb:20161020192842j:plain

この地層が風化して独自の景観を生み出しているのですね。

f:id:gmkb:20161020192952j:plain

岩の中に掘った修道院、何でも岩で作ってしまう。

f:id:gmkb:20161020193051j:plain

紅茶を飲んで一休み。

f:id:gmkb:20161020193147j:plain

続いて、ギョレメ屋外博物館。

f:id:gmkb:20161020193223j:plain

洞窟教会が点在する一帯を保護する施設。

f:id:gmkb:20161020193316j:plain

印象的だったのが『闇の教会』、ネーミングが印象的。

f:id:gmkb:20161020193530j:plain

狭い階段を登り。

f:id:gmkb:20161020193607j:plain

古き良きRPGの様な世界が広がっていました。

f:id:gmkb:20161020193759j:plain

内部の壁面にはフレスコ画が残されていますが、写真撮影はNG。

f:id:gmkb:20161020193915j:plain

闇の教会の上から。

f:id:gmkb:20161020202515j:plain

不思議な風景が広がります。

f:id:gmkb:20161020202534j:plain

ギョレメを後にレストランで昼食。

トルコ料理、何を食べているか分からないけれど美味しい。

f:id:gmkb:20161020202702j:plain

レストランのテラスからの眺めも良いんではないでしょうか。

f:id:gmkb:20161020202816j:plain

食後は一休みして、カイマルク地下都市へ。

f:id:gmkb:20161020202855j:plain

地下8層まで掘られた住居跡のうち、地下4層まで見学が出来ます。

f:id:gmkb:20161020203012j:plain

地下に掘り進め、途中四方に掘り進め、それぞれ役割を持った部屋が作られています。

f:id:gmkb:20161020203232j:plain

最後にオルタヒサルへ、中央の要塞は現在ではレモンの貯蔵庫として使われているようです。

f:id:gmkb:20161020203448j:plain

夕刻、飛行場へ戻りイスタンブールへ向けてフライト。

f:id:gmkb:20161020203650j:plain

イスタンブールが近づくにつれ、眼下に広がる街の明かりも増えてくる。それを見ると何故だか、現実に帰ってきたんだなと思える気持ちになる不思議な一日でした。

f:id:gmkb:20161020204239j:plain