82年おとこ、77年おんな。

日々の生活、時々、旅行。

中国・上海vol.5 Nov.4,2016

上海最終日、ホテル内のグランドブラッスリーで朝食です。メインはテーブルオーダー、他はバフェで好きなものをと色々と楽しめます。まずはフルーツを食べながら卵料理を待ちます。

f:id:gmkb:20161126232840j:plain

テーブルオーダーは卵料理をはじめ中華粥、麺、肉など30種類程と多岐に渡りあれこれ迷ってしまいます。定番のエッグベネディクトは間違いのない味。

f:id:gmkb:20161126232901j:plain

もう一皿はフレンチトースト、こちらも美味しい一品。

f:id:gmkb:20161126232908j:plain

サラダ、点心、サーモンなど食べて、デザートにフルーツとヨーグルトでごちそうさま。満足な朝食となりました。

f:id:gmkb:20161126232916j:plain

食後はホテル近辺の散策へ。ホテルを出て外灘の歴史的建築物を眺めながら南京東路へ向かいます。外灘は黄浦江西岸に沿って全長1kmほどの地域ですが、19世紀後半から20世紀前半にかけての租界地区で、当時の西洋高層建築物は、官庁や銀行、レストランやブティックなどに転用されています。f:id:gmkb:20161212235914j:plain

歩いて15分程で南京東路に到着します。歩行者天国となっている両サイドには百貨店からファストファッション、高級レストランからファストフードまで様々な業態がひしめき合っています。中国独自の雰囲気は無いですが安心して買物を楽しめそうな雰囲気です、ちなみに大丸とユニクロも出店しています。f:id:gmkb:20161212235845j:plain

ホテルへの帰りは路地をくねくねと抜けてみます。雑多な印象こそありますが、ディープな中国とは一線を画す地域なんでしょうね。

f:id:gmkb:20161212235856j:plain

中山東一路には東浦地区が一望出来る公園があります、一世紀前の姿を残す外灘と超高層ビル群の東浦、河を挟んでの対比が実に上海らしい(?)スポットです。f:id:gmkb:20161212235944j:plain

ホテルをチェックアウトした後、タクシーで空港へ向かいました。一時間弱で空港に到着。

f:id:gmkb:20161218222109j:plain

中国国際航空のラウンジを使用します、2フロア構成でとにかく広いラウンジです。比較的新しい作りなのか、ラウンジ内は清潔で居心地が良いです。しかし、軽食はイマイチな印象です。

f:id:gmkb:20161213000013j:plain

ラウンジで一休みしてから搭乗口へ向かったら、沖止めに変更とのことで急いでバス乗り口へ移動。搭乗時間は定刻通りでしたが、離陸待機で一時間機内で待ちぼうけ、上海空港は日常茶飯事のようです。

■搭乗便:ANA NH960

■スケジュール:17:25上海(東浦)発→21:00成田着

■機材:B787

■特典航空券ビジネスクラス(40,00マイル×2)

f:id:gmkb:20161213000000j:plain

機内食は洋食を選択、美味しいけれど和食の方が良かったかなという印象。食後に一休みしたら、あっという間に成田に到着です。2泊3日と短かな上海旅行でしたが、中国の発展ぶりを肌で感じる貴重な経験となりました。

f:id:gmkb:20161213000024j:plain

 

 

 

 

 

 

中国・上海vol.4 Nov.3,2016

上海と言えば近代的なビル群、そして外灘などが有名ですが、郊外に点在する水郷の村もまた上海らしいスポットと言うことで足を伸ばしてみました。

f:id:gmkb:20161124195815j:plain

午後からでも日帰り観光が出来る朱家角へ向かいます。ホテルからタクシーに乗り込み車はすぐに高速道路へ。スピードメーターは120~30kmをキープ、しかし車間距離は短く、常に追い越しをかけてひた走ります。中国のタクシーはなかなかスリリングでした。f:id:gmkb:20161124195838j:plain

ホテルから約一時間、朱家角に到着、乗車料金は190元(約2,945円)。上海市街と比べると、時間の流れが違う様に感じられる長閑な場所です。

f:id:gmkb:20161124195854j:plain

水路に沿って村が作り上げられ、観光地化されているとは言え人々の生の生活を垣間見ることが出来ます。

f:id:gmkb:20161124220749j:plain

時期的なものなのか日本人観光客の姿は全くなく、中国国内からの観光客が多い印象です。

f:id:gmkb:20161124220802j:plain

少し進むと無数に張り巡らされた小道に入りこみます。

f:id:gmkb:20161124221551j:plain

実に色々な食べ物が売られていますが、お腹もあまり空いていないので食事をすることはありませんでしたが、見ているだけでも面白い空間です。

f:id:gmkb:20161124221733j:plain

橋の上からは中国らしい風景。

f:id:gmkb:20161124221827j:plain

水路沿いの家々の生活感。

f:id:gmkb:20161124221844j:plain

しばらく歩き大きな水路を渡ると中国古来の雰囲気から一転、スターバックスをはじめとした飲食店が軒を連ねます。

f:id:gmkb:20161124223024j:plain

水路を挟んでコチラとアチラで異なる建物、

f:id:gmkb:20161124223034j:plain

また、この区画では店舗誘致のイベントが行われていたようで、下見客と思われたか不動産会社の営業マンに声をかけられ、一瞬にして中国水郷の村から現実に引き戻されたかのような感覚でした。

f:id:gmkb:20161124223043j:plain

陽も傾き朱家角へ別れを告げ、外灘でタクシーで戻ります。

f:id:gmkb:20161124223056j:plain

日中とは雰囲気の異なる外灘の街並、歴史的建造物のライトアップと浦東側の高層ビル群の対比が目を楽しませてくれます。生憎、それらしい写真があまり撮れませんでしたが。

f:id:gmkb:20161124223108j:plain

夕食は雲南料理のロストヘブンへ。なにやらコチラのお店、人気があるようで予約無しで訪れたら、飲食1時間の制限時間付きでの食事となりました。雲南料理をオシャレにアレンジした料理が特徴のようです。味は全般に美味しいですが、店内は雰囲気重視で照明はかなり落とされています、ちなみに店内撮影禁止のようです。お会計は二人で5品+ドリンクで517元(約8,013円)。

f:id:gmkb:20161124223112j:plain

 

 

中国・上海vol.3 Nov.3,2016

上海2日目の朝、ラウンジでの朝食。中国なのかホテルの水準なのかフルーツが美味しい。

f:id:gmkb:20161116150510j:plain

エッグステーションは無いけれど、麺コーナーで卵料理のオーダーが可能でした。

f:id:gmkb:20161116150512j:plain

ハイアットはどこにいってもパンが美味しい印象があります、ついつい食べ過ぎてしまう。宿泊中に3度ラウンジを使いましたが、どの時間帯もメニューが豊富でゆっくり寛げるラウンジでした。

f:id:gmkb:20161116150506j:plain

グランドハイアット上海をチェックアウトした後、本日の宿泊先へタクシーで移動です。黄浦江の地下トンネルを通って外灘地区へ約20分、ウォルドーフアストリア上海オンザバンドに到着です。

f:id:gmkb:20161116152136j:plain

1911年に竣工した歴史建築部分の上海総会(外灘2号)と、タワー棟でホテルが構成されています。到着したのが10時半頃に関わらずチェックインが可能、最もスタンダードなデラックスルームの予約がジュニアスイートへ3段階アップグレードしてもらえた点、そしてスタッフのとてもスマートな連携を見て一瞬でこのホテルを気に入りました。また、HオナーズGOLDの特典で朝食2名無料、14時までのレイトチェックアウトも付けていただき快適なステイとなりました。2,740元(約42,470円)

ちなみに、別日の予約確認をした所デラックスルームからラグジュアリースイートへ4段階アップグレードという大盤振る舞いもありましたが、こちらは旅程の関係で宿泊出来ませんでした。

f:id:gmkb:20161116155208j:plain

約70平米の部屋はメインのベッドルームに加え、書斎が備えられています。

f:id:gmkb:20161116155216j:plain

また、バスルームの写真がありませんが大理石張りの広々とした空間で、こちらも心地よい時間を過ごすことが出来ました。

f:id:gmkb:20161116155212j:plain

部屋で一休みしてから、少し上海郊外へと足を伸ばしてみたいと思います。

中国・上海vol.2 Nov.2,2016

上海浦東国際空港に到着した後は、上海トランスラピッドと呼ばれるリニアモーターカーに乗って街の方へと移動してみます。浦東国際空港から竜陽路駅間の約30kmを約7分で結びます。最高速度は430kmですが時間帯によっては300kmで運行されています。

f:id:gmkb:20161109234040j:plain

確かに速いですが、竜陽路駅と言うのが市街地から離れていてタクシーで移動することにしたのですが、駅を出た瞬間から白タクの運転手が絡んで来ます、ここはさっさとやり過ごしてタクシー乗り場に向かいましょう。タクシーに乗って20分程で本日の宿泊先であるグランドハイアット上海に到着です。

f:id:gmkb:20161109235256j:plain

88階建てのジンマオタワー高層部53階〜87階にホテル空間が広がっています。今回は80階のクラブキングルームに宿泊。料金はポイント&キャッシュで3,000ポイント+2,300元(約35,650円)。

エレベーターから部屋への回廊は100m程の吹抜けになっており、身を乗り出すと落ちてしまいそうな錯覚に陥ります。

f:id:gmkb:20161114145818j:plain

部屋は40平米程でとても広いと言う訳ではないですが、過不足無く水回りも快適な仕様です。窓からの眺めは地上400m近い高さと言うこともあり、殆ど遮るものも無く周りのビルを見下ろす不思議な景色が広がります。

f:id:gmkb:20161114145355j:plain

ラウンジで一休みしてから散策へと出掛けます。

f:id:gmkb:20161114150042j:plain

上海の中心地は日本の都市以上に整備されているようです。自動車を中心とした交通状況を除いてはですが。

f:id:gmkb:20161114150750j:plain

地元で人気のマンゴーアイス屋さんのようです。

f:id:gmkb:20161114150943j:plain

日も傾いてきたので、夜ゴハンを食べに東方明珠塔(左の丸いタワーです)方面へ向かいます。

f:id:gmkb:20161114151246j:plain

何を食べるか決めていなかったこともあり、目についたカジュアルな中華レストランに入ってみました。店名は失念、塔の麓のレストラン街の一軒。小龍包、海老焼売、茄子炒め、上海焼そば、雲呑麺、木耳炒め、普洱茶、二人でお腹一杯食べて217元(約3,363円)でした。味は全体に薄味、中華のボリュームの多さを体感した食事となりました。

f:id:gmkb:20161114161411j:plain

ホテルに戻ってラウンジでまったり。ケーキがとても美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。

f:id:gmkb:20161114162051j:plain

 

中国・上海vol.1 Nov.2,2016

昨年結婚して夫婦で始めての海外旅行、仕事の都合で長くは休めないので近場の上海へ行ってきました。

出発前日はヒルトン成田に宿泊。妻は午後にチェックインしてプールで楽しんでいたようです。ボクは仕事後に向かったため到着したのは23時頃、それでもGOLD特典のおかげで、ヒルトンクィーンからデラックスプラスクィーンへとアップグレードされ、眺望指定で夜の成田空港を部屋にいながら堪能することが出来ました。翌朝は早めに朝食を済ませてシャトルバスで空港へと向かいました。ポイント&キャッシュで宿泊、8000ポイント+4,785円と手頃な価格での宿泊となりました。

空港到着後はラウンジで一休み。

f:id:gmkb:20161105211627j:plain

とんこつラーメンが結構美味しい、しかし食べ過ぎない様にセーブして搭乗時間を待つことに。

f:id:gmkb:20161105211838j:plain

■搭乗便:ANA NH919

■スケジュール:09:40羽田発→12:10上海(浦東)着

■機材:B767

■特典航空券(40,00マイル×2)

f:id:gmkb:20161105212841j:plain

ビジネスクラスは搭乗率半分くらい。食事は和食をオーダー、メインの鶏肉ドライカレー添えが美味しく満足。

f:id:gmkb:20161105213217j:plain

食後しばらくすると中国の大地が見えてきて、日本からあっという間に上海に到着です。

f:id:gmkb:20161105213448j:plain

 

ふらっとトルコ一人旅vol.6 Oct.3,2014

トルコ6日目、最終日。滞在中は幸い天気に恵まれました。

f:id:gmkb:20161022074454j:plain

ホテルからアタテュルク国際空港までタクシーで移動。

f:id:gmkb:20161022074625j:plain

トルコの免税店はあまり安い感じがしない、日本より輸入品の価格が高い模様。

f:id:gmkb:20161022074720j:plain

ラウンジで一休み、何というかとてもアッサリとした内容。

f:id:gmkb:20161022074753j:plain

一時間遅れて搭乗。

f:id:gmkb:20161022074923j:plain

さよなら、トルコ。

■搭乗便:カタール航空 QR240

■スケジュール:13:20イスタンブール発→17:30ドーハ着

■機材:A330-200

f:id:gmkb:20161022075012j:plain

ちょうどお昼時、お腹が空いていたので食事はしっかり頂くことに。

f:id:gmkb:20161022075501j:plain

スープはオニオンスープ、クリームベースで美味しい一杯。

f:id:gmkb:20161022075542j:plain

メインはラム肉、ホロホロと崩れる柔らかな一皿。

f:id:gmkb:20161022075613j:plain

デザートはアイスとケーキ。ケーキがボリュームたっぷり。お腹一杯頂きました。

f:id:gmkb:20161022075711j:plain

食後、一眠りしたらハマド国際空港に到着。

f:id:gmkb:20161022075914j:plain

東京への乗継ぎは翌朝。乗り継ぎが8時間以上あるので、航空会社が用意してくれるトランジットホテルに今夜は宿泊。まずは乗継ぎカウンターでバウチャーを貰います。

f:id:gmkb:20161022080159j:plain

その後、案内され暫し待っているとビザ発行と入国手続きを行ってくれます。

f:id:gmkb:20161022080310j:plain

ラウンジに移動して一休み。

f:id:gmkb:20161022080515j:plain

オレンジジュースを飲んで待っていると、ホテルの方が迎えに来てくれます。

f:id:gmkb:20161022080710j:plain

ホテルまでは車で15分程で到着。

f:id:gmkb:20161022080833j:plain

今夜のお宿は、オリックスロタナドーハ。

f:id:gmkb:20161022081049j:plain

お部屋は清潔感あって良い感じ。

f:id:gmkb:20161022081131j:plain

夜も遅くなってしまったので、出歩くのは控えて、ホテルで夜ゴハン。

f:id:gmkb:20161022081225j:plain

美味しいけれど、基本スパイシーな味付けです。

f:id:gmkb:20161022081305j:plain

デザート食べてごちそうさま。

f:id:gmkb:20161022081329j:plain

翌朝、再び飛行場へ。車窓からの眺めはちょっとした観光気分。

f:id:gmkb:20161022081440j:plain

ここまでのサービスを、乗客に無料で行える事に驚きです。
時間に余裕があれば、中東の航空会社を選択するのも、良い手段かなと実感しました。

f:id:gmkb:20161022081531j:plain

チェックインを済ませて、お土産を買って。

f:id:gmkb:20161022081619j:plain

ラウンジでしばし休憩。

f:id:gmkb:20161022081652j:plain

この旅、最後のフライト。

■搭乗便:カタール航空 QR810

■スケジュール:7:50ドーハ発→23:25東京着

■機材:B787-8

f:id:gmkb:20161022082255j:plain

行きと同じ787-8、ヘリンボーンタイプのビジネスクラスです。

f:id:gmkb:20161022082418j:plain

お酒弱いですけど、たまにはシャンパン、美味しい。

f:id:gmkb:20161022082503j:plain

さよなら、カタール。

f:id:gmkb:20161022082534j:plain

食前のスムージー。

f:id:gmkb:20161022082606j:plain

お昼は和食、やはり日本着に比べると味は落ちてしまいます。

f:id:gmkb:20161022082645j:plain

色とりどりな果物。

f:id:gmkb:20161022082713j:plain

マップを見ていると色々な国への想いが馳せます、行ってみたい。

f:id:gmkb:20161022082803j:plain

夕食はシーフードサラダから。

f:id:gmkb:20161022082854j:plain

メインはマグロの照り焼。魚を基本にしたオーダーにしてみました。

f:id:gmkb:20161022082951j:plain

デザートには果物を。

f:id:gmkb:20161022083012j:plain

心地よいフライトは時を忘れさせてくれ、あっという間に羽田に到着です。

f:id:gmkb:20161022083111j:plain

どこか遠くへ行きたいと思い立って出掛けたトルコ、また機会を作って訪れてみたいです。

ふらっとトルコ一人旅vol.5 Oct.2,2014

トルコ五日目、今日も快晴。

f:id:gmkb:20161022001108j:plain

朝はホテルでのんびりと朝ゴハン。

f:id:gmkb:20161022001133j:plain

サラダにカニカマ、人気食材のようですカニカマ。

f:id:gmkb:20161022001159j:plain

具沢山なオムレツ、美味しい。

f:id:gmkb:20161022001254j:plain

デザート食べて、ごちそうさま。

f:id:gmkb:20161022001348j:plain

昼頃から散歩へ、不思議な卓球場。

f:id:gmkb:20161022001417j:plain

虫のレストラン?食べていませんけど。

f:id:gmkb:20161022001504j:plain

再びガラタ塔。

f:id:gmkb:20161022001531j:plain

地下通路は電機屋だらけ。

f:id:gmkb:20161022001553j:plain

ボスポラス海峡に到着。

f:id:gmkb:20161022001720j:plain

 

橋を渡ってアジア側へ。

f:id:gmkb:20161022001751j:plain

橋の上ではオッサンが釣りに興じています。

f:id:gmkb:20161022001818j:plain

しばらく見てたけど、結構釣れている様子。

f:id:gmkb:20161022002007j:plain

この狭い海峡が、ヨーロッパとアジアを隔てていると思うと不思議な感じ。

f:id:gmkb:20161022002037j:plain

橋から望むアジア側、異国情緒たっぷり。

f:id:gmkb:20161022002141j:plain

船の屋台ではサバサンドが売っています。

f:id:gmkb:20161022002209j:plain

実にシンプル、焼いたサバがパンに挟まっている、味付けは塩とレモン汁。 お値段は300円位、ボリューム考えたら安いね。

f:id:gmkb:20161022002239j:plain

いつの間にか、橋の上は釣りをするおじさんだらけに。

f:id:gmkb:20161022002334j:plain

ヨーロッパ側に戻り、裏道散策。

f:id:gmkb:20161022002415j:plain

 

帰りは再び地下鉄で。駅には、この前と同じ猫が同じ場所で、気持ち良さそうに寝ていました。

f:id:gmkb:20161022073732j:plain

 

トルコ名物の濡れバーガー、湿ったパンにミートボールが挟んである。ドリンクセットで200円位、やや観光地価格でしょうか。

f:id:gmkb:20161022073840j:plain

よく見かけるゴマパン、間違いの無い味、70円位。

f:id:gmkb:20161022073937j:plain

相変わらず野良猫の多いイスタンブール、とても人懐っこい。

f:id:gmkb:20161022074024j:plain

見ていると足元に擦り寄り、何かを求めてくる。

f:id:gmkb:20161022074050j:plain

でも、何もあげないと寝ちゃう。そんな昼下がり。

f:id:gmkb:20161022074220j:plain